Windows XPは使えないのか?


※この文章は個人の意見です。

マイクロソフト社の説明

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx

上記の説明文の通り、XP / Office 2003 / IE6 のサポートは2014/4/9 で終了しました。

その上で懸念されるのは「セキュリティリスクが高い」ということですので、

もし、Word や Excelといった「ワープロや表計算ソフトのためだけにXPを使用」するのは可能だと思います。

なぜなら「使用権の停止、終了ではないから」です。

ですので、XPパソコンはLANケーブルを抜くなどして「ネットにつながない」ことは必須条件ですが、一度ネットから切断してしまえば内蔵のゲームやワープロ専用のパソコンとして使うことは可能です。

そういった使い方をされる方は少数派かもしれませんが、たとえばご年配の方向けの遊び道具として、幼児のおもちゃとして の利用価値はあるとは思います。

もちろん、パソコンをお持ちのほとんどの方が「ネットにつなぎたい」と思われるので、そういう方はWindows 7なら「XPとそれほど違和感なく操作」できます。ただ、店頭にある Windows 8.1 や 8 の場合だと、操作感が大きく変わっているので、戸惑った方は参考書を買う、教室に通う必要があるかもしれません。自信のない人は、とりあえず「電源の落とし方」と「インストールしたソフトの探し方」ぐらいは店員に聞いてからパソコンを買った方が良いと思います。その際、電話サポートのあるメーカーのPCを選んで買うと、概ね1年間は電話サポートを受けることができるので、その為のユーザー登録もオススメします。

この流れは「かつてワープロ機がパソコンに変わった流れ」と似ていて、NECや富士通、シャープといったワープロメーカーが2001年に撤退した後でも、ワープロ機を愛用されている人がいましたし、ワープロ機の修理や、ワープロ文書から一太郎やOffice文書へのデータの変換を請け負う業者の数は少ないながら「今でも現存」しているので、同様にXPを使い続ける人がゼロになることは、ひょっとするとないかもしれません。