ブラックペアンは暗いが役者と演出が良い


嵐・二宮くんの演技もさることながら、演出たとえば「ムダのないセリフ」「決めゼリフの多さ」「謎めいた部分を残した展開」など、見応えのある部分が多い。

その反面、ニノの役どころが「謎を持った名医」で、笑顔がない、しかも金で動いている医者なので、視聴者からの好意は得にくい。

あえてドクターXと比較すれば、Xの方は「笑えるシーンがある、深刻な場面が少ない、主役の女医に対する敵対勢力が存在する」「血のシーンが控えめ」といった部分があるので、勧善懲悪のある医療ドラマ。

一方、ブラックペアンは「困難な手術をこなす、漫画ブラックジャックのような名医」「病院同志の覇権争い」「上司の駒である医者たち」といった、組織や名声がからんだ医療ドラマでわりと出血のシーンが多い。

そのため、男性にはウケが良いかもしれないが、女性には敬遠されがちかも。

ただ、主役・ニノ役の渡海先生のこれまで謎だった部分、「お金をなぜ集めているのか?」「ブラックペアンが映ったレントゲン写真が意味するもの」「上司(内野聖陽)に対する復讐心」が徐々に明らかになっていくと思われ、ひょっとすると今後の展開で、暗かったニノの表情に人間らしさが戻るのではないかという期待しています。

そういう意味で、竹内涼真君のような明るく熱血タイプの医者がいてくれて良かった。いなかったら、もっと暗い

公式サイト

http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/