食べログのカラクリ


食べログの「課金制度」が飲食店に嫌われる理由・ダイヤモンドオンライン

https://diamond.jp/articles/-/184947

抜粋

・食べログは消費者による口コミや星での評価などを掲載する“本当にいい飲食店”を見つけるためのサイトとして、消費者から人気を集めてきた。

・食べログは現在、従来型の月額固定料金に従量料金を上乗せした、「新プラン」と呼ばれる契約体系を展開・・・新プランでは、食べログ上での即予約システムを利用した場合、ディナーで1人当たり200円、ランチで100円の手数料が発生

・食べログには二つの検索表示が存在。一つは「ランキング検索」と呼ばれる、口コミの星の数に基づいた表示順である。口コミによる星の評価は、その不透明さが度々話題になってきたが、基本は契約内容によらないで点数が決まるとされている。

・もう一つの表示順は、「標準検索」と呼ばれるもの・・・基本的に高いプランを契約している店舗が優先的に掲載される。

・利用率の高いスマートフォン上では、プレミアムサービスに登録している消費者しかランキング検索ができないなど、多くの消費者は標準検索に“誘導”されている。

・食べログ事業を担当するカカクコムの執行役員は「今や食べログの掲載情報の多さで利用しているユーザーも多く、飲食店からの課金と口コミの点数を絶対に連動させないポリシーを守っていれば、送客量に見合った対価をもらうのは当然のこと」と説く。

・(余談)『週刊ダイヤモンド』11月17日号の第1特集では、外食産業を中心に各社の携帯アプリを消費者満足率で格付けしました。総合満足率の1位は、全国に約3000店舗を持つマクドナルド。昨年の格付けとランキングでは、立地の利便性やコストパフォーマンスなどで高い評価を受けており、その強みがアプリ格付けにも表れました。


私見

食べログというのは1つのサービスに過ぎませんが、

・口コミの評価が高い「ランキング検索」は、スマホではプレミアムサービスを利用している消費者のみしか利用できない

・一般の消費者は、お店が高いプランを契約しているお店が優先的に掲載される「標準検索」へ誘導されている

という、検索方法が2種類ある点

・食べログからの予約があった場合はお店側は追加の料金を食べログに支払っている点

という事が取材で明らかになったのは良いと思います。

 

おそらく、大多数の人が「標準検索」を利用し、上位に表示されているお店を利用していると思われますが、その場合は「本当においしいかどうかはわからない、ただ単に”食べログにお金を払っている飲食店”の可能性もある」ということを頭に入れておくべき。

 

一方で「ランキング検索を利用できるユーザーは、純粋に口コミ評価が高いお店が上位にある」とのことです。

 

ただ、食べログの標準検索を利用した人で「食べログで調べたお店だったのに、そんなにおいしくなかった」という消費者が増えたとしたら、「お店がお金で順位が買える標準検索」は食べログ離れにつながる危険性をはらんでいると思います