HOME > 未分類 > イオンのセルフレジの使い方・解説

イオンのセルフレジの使い方・解説

※初投稿時のタイトルは「セルフレジを初めて体験」でしたが、現在はタイトルを変更し、随時、改訂しています。

 

人がいないレジで、商品のバーコードを自分で読み取って袋に入れてお金を払う。多少の不安がありましたが、画面には手順が表示されるし、近くに店員さんが常駐しているので、「わからなければ聞けば良い」と思ってトライしました。

 

●補足

※マイバッグを使用する場合は、文中の「レジ袋」を「マイバッグ」に読み替えて下さい。また、設置場所によって商品カゴとレジ袋の場所が異なる場合があり、カゴを置く場所が左、レジ袋が右のセルフレジがあれば、カゴが右、袋が左のセルフレジもあります。

※わからないことが発生した時は必ず「セルフレジ担当の店員さん」にお尋ね下さい。ですので、会計のにセルフレジに店員さんがいるのを確認して下さい。

 

 

●セルフレジの使い方

レジの左(または右)の台に買い物カゴをのせて、タッチパネル画面(以下、画面)の会計スタートボタンをタッチ。

(セールの時は、カードの挿入を求められる画面が表示されます)

レジ袋を使うかどうかを尋ねてきますので「はい」「いいえ」を選択。

 

「はい」レジ袋を使うのでレジ袋の口を開けておきます。

 

「いいえ」→[マイバッグを使う][お買い物シール]というボタンが出るので、[マイバッグを使う]をタッチします。

そしてマイバック(エコバッグお買い物バッグなど)を金属フック(*)に、マイバックをセットして下さい。(* 買い物カゴを左に置いた場合は右の台のフック、買い物カゴを右に置いた場合は左の台のフックのことです。)

 

 

イオン系のカード(イオンカードやWAONポイントカード)を持っている場合は該当のボタンをタッチします。

 

商品を一個ずつセンサーに、商品のバーコードをかざしながら値段が表示され金額の音声が聞こえたらレジ袋の中へ。センサーはガラスの中にあり、画面の下および水平台の中に2か所ありますが、個人的には画面の下のセンサーの方が読み取りしやすいです。

 

もし金額の音声が聞こえなかったり、「もう一度」という音声だったら「読み取りエラー」なので、再度バーコードをかざして下さい。とくにお子さんの場合はご注意下さい。

なお、読み取りが成功した商品名と金額が画面の一番下に表示されるので、画面を見れば読み取りが成功したかどうかがわかります

 

買い物カゴが空になったら「お支払いへボタン」(=会計ボタン)。

(WAONポイントカードでさらにセールの時は「WAONポイントを使いますか?」の画面が出ます。)

 

現金の場合は現金ボタンを選んで投入口にお金を投入します。投入口の場所が不明な場合は必ず投入に店員に尋ねて下さい。

 

WAON や iD などの電子マネーの場合は、電子マネーの種類をタッチしてカードをかざします。反応しない場合は、カードの向き・表裏を変えて下さい。

 

最後にレジからレシート、場合によっては発券機からクーポンも出てくるので、以上で終了です。不要なクーポンは付近のゴミ箱に捨てて下さい。その理由は「自分の購入履歴に基づいてクーポンが出てくるため、次の客には見せたくない意味も含めて、捨てる」ことをオススメします。

 


Q. 「計量中です」とエラーメッセージが表示されて、先に進めない。

A. 私は時々経験します。10秒程度で元の画面に戻りますが、「なかなか戻らない」「急いでいる」場合は店員さんを呼びましょう。原因はよくわかりませんが、重量センサーの関係かもしれません。

そのエラーを防ぐために、あくまでも個人的にですが、いったんレジ袋(マイバック)に入れた商品は、会計が終わるまで触らないようにしています。

 

Q. バーコードのない商品(野菜や鮮魚などの一部)はどうすれば良いのか?

A. バーコードのない商品は、「バーコードの無い商品」ボタンをタッチすると「緑色の野菜」「その他の野菜」「くだもの」「焼きたてパン」といった専用のボタンが画面に表示されるので、それをタッチすれば該当の商品が見つかります。トングでつかんで透明の袋に入れる「魚の切り身、干物」も同様に「魚ボタン」があります。

 

Q.タイムセールなどの値引きシールのついた商品の場合はどうなるのか?

A. 値引き商品は「値引き後のバーコード」が貼ってあるはずなのでそれを読み取ります。

 

Q.クーポン券やサービス券(5%オフ券、ビール値引き券など)を使いたい場合は?

A. 店員にクーポン券を見せる必要があります。クーポン対象商品を読み取った直後に店員を呼び、クーポンを手渡せばクーポン適用後の価格に変更されます。不安な方は「対象商品のバーコードを読み取る前」に店員を読んで下さい。

 

 

Q.「くだもの」→「みかん」と選び個数「3」として[登録]ボタンを押したら「店員をお呼び下さい」とエラーとなり、それが何回も続いた。

A.エラーになった商品は買い物カゴに入れた状態で、店員を呼んだ方が早いです。体験談として「セルフレジ側のエラー」だった模様で、店員さんによる裏技で会計を続行できました。

 

 

Q. 例. アジのフライとウズラの卵フライを1つの透明パックに入れてしまった

A.特殊な例なので、不安な方は事前に店員にお尋ね下さい。

店員さんに教えてもらったやり方で会計を進めました。

  1. アジのフライのボタンと数量をタッチ
  2. スキップバックボタンをタッチ
  3. うずら卵のボタンと数量をタッチ
  4. 透明パックを買い物袋(マイバック)に入れました

店員さんいわく「スキップバックボタンを押すことで、アジフライの重さをレジが記憶してくれる」そうです。

 

※濡れた商品、野菜などを入れる透明の小袋を使用する際の注意事項

・バーコードの読み取りを終えてから小袋に入れないといけませんし、小袋に入れるのにもたもたしているとエラーが表示されることがあります。そのため、読み取るに小袋を用意しておくと良いかもしれません。

 


・読み取った後、商品をレジ袋に入れなかった場合には、「スタッフが参ります」という音声がレジから流れることがあります。



・一度、レジ袋に入れたものを出したり、袋のある台に子供が上がったりすると「商品除去ボタン」が表示されたり、音声が流れることがあるのでご注意下さい。

 

・にぎり寿司の醤油やガリ、缶ジュースなどのオマケ(例 6本買うとオマケ)など「別添付のもの」がある時の問題点

商品にテープで固定されている時は全く問題がないのでそのまま読み取ります。

別添付の場合は、商品を読み取った後、引き続き醤油やオマケを袋に入れた方が良いと思います。その理由はセルフレジの構造が天秤と思われる点と、オマケなど「読み取りが不要なもの」は付属品として一緒に計測しないとエラーになるのでは?と思われるからです。

醤油やガリでエラーになったことはないのでそれほど気にする必要はないですが、缶コーヒーなどの別途のオマケの重量は大丈夫なのか?という疑問はあります。

ですので、「缶ジュースや缶コーヒー●本買った時に別添えのオマケ(玩具やミニバッグ等)が付いている場合」は私は通常のレジに行きます。

 

・WAONへの現金チャージについて

セルフレジよりも、イオン銀行ATMやWAONチャージャーでの入金(チャージ)の方が慣れるとラクです。

現金でチャージ(入金)する

https://www.waon.net/charge/cash/

 


・商品数が多い時、クーポン券を使う時、大型商品がある時は有人レジの方がラクかもしれません。

レジ袋が2つになっても支障はありませんが、レジ袋の下の計測装置が正常に働かない場合があり、たまにエラーになるので注意が必要です。

また、クーポン券・サービス券を使用する際は店員さんを呼ぶ必要があるため、通常の有人レジの方がラクかもしれません。

さらにボックスティッシュやトイレットペーパー、オムツなどの大型商品や、商品カゴが2つ以上ある場合はセルフレジではなく有人レジをオススメします。その理由は、荷物が多くてかえって時間がかかる可能性があるからです。


 

■セルフレジを使うメリットは

・弁当と飲み物だけ、といった「少量の買い物」の時

・レジが混んでいる時

・お子さんなど、バーコード読み取りを楽しめる人と買い物をしている時

・電子マネーなどキャッシュレス決済が通常レジよりも選びやすい

などと思われます。

 

セルフレジのデメリットは

・操作に慣れる必要があります。

・エラーの時、驚く

・エラーが解消されるのに少々時間がかかる場合がある

・セルフ担当店員がいない時のトラブル時は待たされます

・お弁当のお箸はセルフレジの店員さんのいるところに取りに行く必要がある

これらが気になる方は有人レジをオススメします。

 

以上が「イオンのセルフレジの使い方」です。


ちなみにネット上に動画がありました。ただし、お店によって導入されているレジの外観が異なる場合があります。

・2019年1月公開

https://www.youtube.com/watch?v=HZZzjmp-jzY

 


●ここは余談です。

推測ですが、レジ全体が「大きな天秤」のような構造ではないかと個人的には思え、左にセットしたカゴの中身例えば 計 1kg の商品がそのまま右の袋に1kg入らないと「会計を済ませていない」と判断されるのではないか?と思いました。

仮に悪い人がいて、監視員の目を盗んで商品をポケットに入れたり、手にもったまま立ち去ったら左右の重量が異なるので、それを防ぐための天秤構造ではないかと、推論ですが。

 

画像の著作権は(C)イオンにあります


楽天市場・楽天トラベル