8/4 RSKラジオの土曜番長


放送から、個人的に抜粋。

・ウルトラセブンのリクエストがあり流れる。その後、国司アナ(♂40代)と小松アナ(♀20代)がウルトラマンシリーズに関してお二人の会話が盛り上がりました。「父やゾフィが来た回」「ウルトラセブンの「あなたはだーれ」の回」「タロウの隊長役の東野さんは水戸黄門の東野英治郎さんの息子さん」など、マニアックなだけに面白かった

 

・橋幸夫さんの新曲が流れた後、吉永小百合さんとのデュエット曲を小松アナが鼻歌で歌うも、国司アナに制止される。このように小松アナはタレント性の高い女子アナで、彼女はいつかきっと大物に化けると私は思っていますし、20代とは思えない幅広い知識量です。

 

・RSK・山陽放送の国司アナについて、爆笑問題の太田さん、広島のRCCラジオの横山さんが話題にしているという報告が7月下旬から、全国のラジオリスナーからのメールが届くようになり、結果、8/9の午前、RCCラジオの番組に「国司アナが電話による出演が決定」したそうです。これを機に、国司アナや土曜番長、あもーれマッタリーノの知名度が一気に上がる可能性大。

 

・テーマ「元気の出る曲」としてリクエストした初代ドラゴンボールの摩訶不思議アドベンチャーをかけて頂きました。幅広い世代で有名なアニソンの一つであり、西日本豪雨で大変な思いをされている方々がたくさんおられますが、その方々の希望や夢を叶えてくれるドラゴンボールはきっとどこかにあるはず、という思いでリクエストさせて頂きました