韓国政府は二枚舌


李舜臣旗掲揚、自ら通達破った韓国に日本政府が抗議・朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300367.html

抜粋

・11日に済州島で行われた「2018大韓民国海軍国際観艦式」の海上査閲で・・・韓国は参加各国の艦船に対して自国国旗と太極旗(韓国国旗)のみ掲揚するよう要請

・先の「旭日旗」掲揚問題で、日本は国際観艦式に参加しない意向を明らかにしていた。旭日旗は日本の帝国主義時代に日本軍が使っていた旗で、韓国などアジア諸国では侵略戦争と軍国主義の象徴と考えられている。日本の海上自衛隊は1954年の発足当時から自衛艦旗に旭日旗を採用

・オーストラリア・ブルネイ・カナダ・インド・ロシア・シンガポール・タイの7カ国の海軍艦が、韓国海軍が通知したのとは違い、太極旗と自国国旗のほか、海軍旗や軍艦旗を掲げていた

・観艦式で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が乗船した揚陸艦「日出峰」に朝鮮時代の水軍隊長旗だった「帥子旗」が掲揚され、韓国は参加各国の艦船に対して自国国旗と太極旗のみ掲揚するよう要請したのにもかかわらず、自ら矛盾する対応を取ったということだ。

・帥子旗は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で三道水軍統制使だった李舜臣(イ・スンシン)将軍の船にも掲げられていた

 

“旭日旗”自粛要請の一方で…韓国が掲げた“抗日英雄の旗”は「行き当たりばったり対応」・FNNプライムニュース

https://www.fnn.jp/posts/00374260HDK

・朝鮮水軍の大将であり「抗日の英雄」である李舜臣(イ・スンシン)を称える旗

・1592年、豊臣秀吉の指示で加藤清正らが朝鮮半島に攻め入った、いわゆる文禄・慶長の役の戦いで朝鮮水軍の大将を務めた李舜臣


まとめると

・韓国は参加各国に、自国と韓国の国旗2枚を掲揚して欲しいと要請

・日本の海上自衛隊の旭日旗に韓国政府が反発し日本は不参加

・しかし実際には7つの国で、その2枚以外に海軍旗や軍艦旗も掲揚していた

・ムン・ジェイン大統領が乗った艦では、抗日の英雄をたたえる帥子旗を掲揚し、韓国自ら他国に要請したことと異なることをした


私見

ともかく「2枚」用意したかった韓国は韓国国旗と帥子旗を掲揚したのかもしれません。

ただ、あれだけ「旭日旗は韓国国民の反発を買う」と韓国政府は言い、そして日本政府に自粛させておきながら、抗日英雄の旗を掲揚するという韓国政府の非礼さは、二枚舌を使われたと思われても仕方がなく、国家の対応としてはレベルが低いと思います。

仮に「韓国国旗だけだったのなら」、矛盾はしていなかったのですが。


オマケ

 文禄・慶長の役