裁判員経験者の9割が「よい経験」と回答?


裁判員制度10年 経験者の9割超が「よい経験」・産経新聞

https://www.sankei.com/affairs/news/190515/afr1905150033-n1.html

引用

平成30年1~12月に裁判員を務めた人を対象に最高裁が実施した調査では、裁判に参加した感想を「非常によい経験と感じた」と答えた人が63・8%で、「よい経験と感じた」も32・9%。補充裁判員経験者に対する調査でも、好意的な回答が合わせて9割を超えている。


私見

正直な感想として、「9割」という高い数値なので、「その調査結果は本当か?」と思っています。

なお、私の裁判員制度に対する意見は「反対です」

 

法律を勉強していない人を裁判に参加させ、有罪か無罪か、有罪なら懲役何年が妥当か(量刑)といった部分を考えさせることに反対です。

 

どうしても、国民から選びたいのであるならば、「大学等で法学を専攻した人の中から選出」という条件がつくのであるならば、賛成しても良いです。ただし、最終的には裁判長の判断が最優先なので、この制度自体不要とも思います。