真備の被災者らが国に損害賠償を求める予定


※リンク切れはご容赦下さい

真備の被災者ら賠償求め団体発足 河川整備に不備、10月決起集会・山陽新聞

http://www.sanyonews.jp/article/780214/1/

抜粋

・倉敷市真備町地区に甚大な浸水被害が起きたのは、行政の河川整備や管理に不備があったとして、同地区の被災住民らが1日、国などに対して損害賠償を求める団体を発足

・団体名は「り災者の会」。住民側は、小田川の中州で樹木が繁茂し流れを阻害したのではないかとし、1960年代から治水機能を高める堰(せき)の建設が計画されながら中止された点を問題視

・発起人で建設会社経営の吉田 勤 氏


私見

被災された方にはお見舞い申し上げます。なるべく公平性を意識して箇条書きします

・1960年からの治水計画については、地元・地権者らの反対により遅れた。反対理由は地下水が枯渇するから(推測ですが井戸水)

http://www.sanyonews.jp/article/775010/1/ 山陽新聞

・小田川の中州の樹木が残っていたのは事実ですが40ha超のうち15haは国が伐採しており、全く手付かずではなく、予算の関係で毎年少しずつ伐採していた模様

http://www.sanyonews.jp/article/774997/1/ 山陽新聞


個人の意見

岡山県および倉敷市は、全額ではなくとも国から予算をもらい復興事業を展開中です。また、国に訴訟を起こす=国民の税金から賠償金を得ることです。真備町の一部の人である「り災者の会」が訴訟を起こし仮に勝訴し、その人達だけがお金を得た場合、会に所属していない町民と付き合いに支障は出ないのでしょうか?

個人的には訴訟はしないで頂きたいし、町民はその会には参加して頂きたくありません。税金の公平性の観点からです