森友学園に関する財務省近畿財務局の改ざん問題の基礎を押さえる


2018/3/13放送の羽鳥慎一モーニングショーの一部を見て、基礎的なことをまとめました。誰が、何のために、どうやってといった「改ざん」に関する部分は、この記事時点では報道されていません。

そのうえで、その番組から得た「公文書」の基本情報を書きます。まず、これを押さえておいてから、今後の改ざんに関するニュースを見たいと思います。

【基本情報・事実】

・今回の公文書は森友学園の土地売却に関する内容である。

・通常、公文書には議員名といった固有名詞はなるべく書かず、誰が見ても違和感のない文章、つまり簡潔に玉虫色の文書にするのが財務省の慣例

・今回の公文書は近畿財務局から財務省にあがり、それが国会および会計検査院に提出された。

・改ざんされる前は(敬称略)鴻池祥肇、平沼武夫、北川イッセイ、安倍昭恵夫人、故・鳩山邦夫の名前があった。

・近畿財務局で作成された「本来の」公文書には議員らの名前があった。

・公文書の内容確認は部下から上司、上司から近畿財務局の局長、さらには近畿から財務省へと、その度に実施されたと思われるし、そのはず。


【番組出演者の推論および疑問】

・実際の土地の売却価格は相場より安かった。公文書に単に安い価格だけを書くのではなく、「議員らが今回の件に関わっていたので近畿財務局としてはできる限り安くしました」という意思表示で名前を書いたのではないか?

・財務省の公文書の慣例は「議員などの固有名詞を書かない」はずなのに書いていた、なぜか?また、それが各幹部職員を通過し財務省にまで上がってきたのか?

・地方の財務局といえども、ここままで細かい公文書を書くのは異常ではないか?

【管理人個人の意見】

・「安倍昭恵夫人から『いい土地なので前に進めて下さい』とのお言葉をいただいた」と森友の籠池容疑者が言った、と記されていたそうです。

それを本当に夫人が言ったかどうか?仮に言ったのが事実だとしても、それだけで大幅な値引きがされるのか疑問。あと、これまでの籠池容疑者の言動を見ると、「夫人の発言自体あったのかどうかも疑わしい」

・結局、「どうして大幅な値引きが行われたのか?」だけを追及すべき。各議員からの圧力か?近畿財務局の単独行動なのか?

・「改ざん」されたことは問題だが、それよりも「値引き」の方が重要だと思います。なぜなら、改ざんは国会答弁のつじつま合わせであったのはほぼ明らかなので、改ざんされた理由や犯人捜しに時間を割くのは勿体ないと私は思います。

 

参考記事

https://mainichi.jp/articles/20180313/k00/00m/010/143000c