有働由美子アナ・5時に夢中に降臨


東京MX・生放送

★語録集 敬称略

マツコ「確実に(有働さんの)経歴にキズがついたわね」「MXに出る人ではない」「厄年かしら」

有働「NHKを辞めて、はじめての生放送です」

●生投票のテーマ「あなたは裸の見せあいっこをしたことが?ある・ない」

マツコ「こんなに不毛な(生)投票をNHKでしたことはないわよね」

有働「(会議で)通らないと思います。これ(投票)をやって、(この番組は)何を得ようとしているのですか?」

マツコ「何も得ていません。この局はひたすら失っているだけです」

有働「その3文字は放送法では大丈夫なんですよね?・・・MXさんも同じテレビの放送法の下にあるのですよね?」

マツコ「放送法から(MXは)外れてます」「(この番組は)ハードでしょ」

有働「なかなかハードですね」

●マツコさん有働さんのメイクの裏話をすると

有働「同じ事務所でこの足の引っ張り合いは?」

マツコ「同じ事務所とはいえ、こんな所にあなたをさらしているのは忍びないので、嫌なら帰った方が良い、逃げた方が良い」

有働「帰りません。やりきります」

マツコ「有働さんは、できる女に見えるけど、実際は不器用」

●下ネタの話に対し

有働「(それに対し)言っていいのか、どうだか」

マツコ「同じ事務所の人間としてお願いするけど、そんなに言わないで。こっちでやるから」

●生放送の料理コーナーで道具が用意されておらず、スタジオがドタバタ

若林「NHKだったら、1人か2人、クビが飛ぶわね」

有働「初期の元気がある頃のテレビは、きっとこういう感じだった?」

マツコ「初期って70年前のテレビと同じって言いたいの?戦後5年目位ね、この局は」

有働「すみません。MXさんを誉めようと思ったのに」

●ラスト

上田「この番組に出ると決断した理由は?」

有働「よくわからない」

マツコ「ここに出ても、どこの局にも文句を言われない。治外法権だから」

有働「楽しかった。パワーを感じました」

 

★私見

低俗番組ですが、私は好きです。ただ当初は下品さに不快でしたが、もう慣れました。その番組に、いきなり有働さんが来られたのは、私は感謝で二度目はないだろうと思いますし、番組中も適度にご自分なりのコメントを言われていたのが「さすが有働さん」と思いましたが、免疫のない有働さんには「こんな下品な番組もあるんだ」と感じられたでしょうね、と思います