文春の暴走で死ぬ人が出ないか心配です

たしかに「興味本位のネタ」を世の中に提供している、という点では最近の文春の記事はすばらしい結果だと思います。

 

それに比べて文春の記事を基に番組を作るテレビ局や、それをきっかけとして記事を書く新聞社の「情報収集能力の劣化」が気になります。

 

一方で、記事のターゲットになった人が仮に「気の弱い人」だった場合には、「追い詰められて自殺する」ということが想定されます。

 

過去には文春かどうかは定かではありませんが、マスコミの記事をきっかけに市議会や国会の議員などは自殺した例はたくさんありましたし、うろ覚えですがタレントでもいたのではないかと思います。

 

スクープ記事を連発してちやほやされているであろう文春ですが、誰かが死んではじめて「文春の連発がストップ」するような気がするので、個人的には、1発目の記事は私も知りたい部分もあるので良いとしても、

第3弾まで追い続けて、記事の中心人物を「長期間追い詰める」のはどうかと思います。

(逆に文春にネタを取り上げてもらって、自ら宣伝しているような輩はどうでも良いですが・・・)