岡山市議会の議長がなかなか辞めない問題

岡山市議会、議長不信任案を可決 申し合わせ任期に反し辞表出さず

http://www.sanyonews.jp/article/684591/1/

下の参考記事も含めポイント抜粋

・宮武議員が色々な口実を言って、2017年5月以降、任期を超えて議長職にとどまっている

・任期は2年。拘束力はない

・市議会の自民党内部の問題。これまでの議長は最大会派の自民党から

・2017年5月 宮武議長の多選に異議を唱える若手議員が推す浦上議員と宮武議員の折り合いがつかなかった。本来は1本化し、議長選を行って議長が決まる

・「2018年1月の臨時議会で辞める。辞表を渡しておく」と言った宮武議長の約束は破られた形の模様

 

●私の感想

市議会の動向が細かく報道されていない、されても地元新聞に1回載る程度なので、「情報不足」での感想になりますが、つまり議長が2年という任期を守らないだけでなく、同じ自民党の議員たちが推す議員の立候補すら認めていない形が続いている模様。

本来ならば、市議会内の各会派(各党)から候補者が出て議長選をして決めるべきなのに、宮武議長が辞めない、別の自民党系議員の立候補も認めないのが問題の要因だと思いわれます。そもそも「任期に拘束力がない」、これまでは拘束力がなくても議長人事は平穏に行われていた、と推測されます。あと、宮武氏が2016年からJA岡山県の会長である点も併記します。

 

参考記事

http://blog.livedoor.jp/takushi_morita/archives/2064467.html

https://blog.goo.ne.jp/nobunobu5220141001/e/83fb8e7dc68c3434c444f5a4843dfcfe

http://www.sanyonews.jp/article/653305/1/

http://wakechan.web.fc2.com/shiseihoukoku37-1.html

http://www.jacom.or.jp/jinji/2016/160708-30334.php