尖閣諸島の占領シナリオ


5/19放送の「そこまで言って委員会NP」より抜粋

・中国が世界で一番、他国との間で緊張感のある所は「尖閣諸島」である

・那覇空港で中国民間機が故意に故障し、空港を閉鎖。自衛隊機の出動を抑える

・中国の潜水艦による闇夜に尖閣諸島に侵入

・中国漁船が近づき、漁民に扮した軍人が魚釣島に侵入し、山頂に中国国旗(五星紅旗)を立てる

・相手が民間人なら警察、海保。

・尖閣諸島内での出来事なので、情報収集で遅れが発生し首相官邸内で情報が錯そうする。

 

・同様に中国軍人による侵入・占領が起こるが、島内に居座るだけ。一連の目的は、習近平国家主席に反するグループによる行動で、占領というより習政権を退陣に追い込むのが目的。つまり、このトラブルをうまく対処できなかったら、中国国内で習政権への反発が起こるから。


対処法として

・尖閣諸島に、公務員・灯台・避難港など配備するという自民党の公約のどれ1つも実現されていないので、実現すること