五輪のサマータイムに反対。支持はシニアだけでは?


安倍晋三首相 自民党にサマータイム導入検討指示・産経新聞

https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180807/plt18080712460014-n1.html

抜粋

夏の時間を1~2時間繰り上げるサマータイム導入に前向きな姿勢を示し、自民党に検討を指示した。会談後、森氏が記者団に明らかにした。


私見

夏休み中なので学生は無関係としますが、社会人の場合、出社・退社時間が

・8時半~17時

↓ 1時間繰り上げ

7時半~16時

 

・8時半~17時

↓ 2時間繰り上げ

6時半~15時

 

仮に1時間だとしても「家を出る時間も1時間早くなるわけ」です。

一番の問題は「睡眠リズムが崩れる」ということで、いくら熱中症対策のサマータイム制だったとしても、睡眠リズムが乱れて睡眠不足による体調不良になる人が増えそうで、「結局、五輪のためだけの時間の繰り上げ」であって、五輪とは無関係の人にとっては弊害が増えそうなので、私は反対です。

 

そもそも、サマータイムになっても困らない人は退職しているシニア層だけと思います。

もともとシニア層は早起きの人が多いわけですし、シニアで仕事をしていない方の場合、サマータイムになれば、病院やお店の開店が早くなって、むしろ喜ぶ人が多くなりそうです。

結局、オリンピックだからとか熱中症対策だからといってサマータイムを思いつくのは、現在シニアの森氏ならではの発想で、「時間、時刻」という重要な尺度を安易に変えようとするのは、まことに安易で無責任です。