メンバーが死なないとAKBビジネスを辞められないのか?


「会いに行けるアイドル」というコンセプトで誕生したAKB48。

私は一度も劇場に行ったことはないので詳しくはわかりませんが、「昔は個々の事務所でデビューさせていたアイドルをグループにまとめてデビューさせ、競い合わせ、それをマスコミやファンが注目して人気を集めている複合ユニット」の一つがAKBと思っています。

そして、今回のNGT48事件。

経緯は別として、「一人のアイドル女性がファンの男性に襲われた」というのは紛れもない事実であり事件です。

以前には、川栄さんらがケガをさせられたり、ルール違反なのにファンと付き合ったメンバーがいたりして、警備の不備だったり、ファンに対するルール、グループ内のルール自体があってないような事件がこれまでにも発生していたと思います。

 

たしかに秋元康さんという、かつて「おニャン子クラブ」をメジャーにしたプロデューサーだけに素晴らしいビジネスモデルだとは思います。

ただし、これまでの大なり小なりの事件を見ると「もう、AKBというビジネスモデルはいったん終息した方が良いのでは?でければ、メンバーの誰かが死ななければ秋元さんらグループを管理している大人達は、このビジネスの辞め時に気づかないのでは?」と思うようになりました。

 

以前のアイドルのように「高嶺の花がベスト」とは言いませんが、やはりファンとの距離が近すぎる、つまり「アイドルの身を守ったうえでの活動が必要」だと思います。