ハリセンボン箕輪、5時に夢中で笑いを取る

2016/11/11放送のゲストで、珍しくピンで登場の箕輪はるかさん。

コメンテーターという立場だったので、普段よりフリートークが快調で、ピンでもおもろいやん、と感じました。

 

出演者(敬称略):

ふかわりょう

ミッツ・マングローブ

齋藤孝

ハリセンボン箕輪はるか

ジャン

 

Q.(ふかわ)「(相方の近藤)春菜さんは毎朝ですよね、スッキリ(のレギュラーに決まったこと)について何か相談はあったのですか?」

A.(箕輪)「”お話が来た時にやることになったから”と相方に言われまして、本当に殴ってやろうか!と思いました。私はどうするんだ!、という気持ちで」

 

Q.お笑いを始めたきっかけは?

A.(箕輪)4年間、大学に通って一人も友達ができなったので、社会人としてヤバイと思って、(吉本の)養成所に入り近藤春菜に出会いました。

 

Q.(ミッツ)最近、500万ぐらい出して前歯を治したそうですが?

A.(箕輪)そんな金額ではありませんが。

ええ、白くしまして、スペースシャトルの外壁と同じ素材で、すごい丈夫です。

(ふかわ)セラミックでいいじゃないですか?

(箕輪)いやもう、宇宙に行ったら歯だけになります。

(ミッツ)他は燃えちゃうからね。

(ふかわ)なるほど、大気圏、歯だけは大丈夫ということですね!

(斎藤)(爆笑)そうか、すごい。

(箕輪)歯だけは残ります。

(ふかわ)さすが。レポートが楽しみです。

 

公式サイトの写真

http://s.mxtv.jp/goji/guest.php?date=20161111&list=recent