そこまで言って委員会NP・9/29分


各テーマについての議論から抜粋。ただ、うろ覚えなので多少の間違いはご容赦下さい

 

●韓国のチョグク氏

竹田氏、長谷川氏の「韓国のチョグク氏は左翼の急先鋒。文大統領、チョグク法相は韓国 を社会主義 国家にするために、その文言を法律に加えたいのが本筋」「今の政権ではできないかもしれないが」という意見

 

●韓国経済

朴氏「日本の 経済制裁 で・・・」
中田氏「いやいや違う。元々韓国はGDPが下がっていた」
朴氏「そうですね。サムスンの業績が悪い。米中貿易戦争の影響もある」

-補足-
中田氏の反論がなければ、朴氏は「日本の経済制裁のせいで、韓国経済が悪くなった」と言いそうだった。朴さんには正確な発言を求めたい

 

●河野太郎 防衛大臣

「父親とは違う」という意思を表した言動。
ポストに魂を売った。
宮家氏「彼の英語はチャーミングで同じ文言でも日本語と若干イメージが違うのが特徴」
竹田氏「韓国を観艦式に招待しなかったのは正しい」

-補足-
魂を売ったとしても、毅然とした態度で臨んでくれれば良い

 

●イラン ロウハニ大統領
トランプ大統領のオバマ化

宮家氏「ホルムズ海峡に危機はない。イラン革命防衛隊の暴走。日本はもう友好国ではない。まずイスラム共和制に注視。イランのドローン攻撃は間違いないがそれを明らかにすれば、アメリカはイランに報復せざるを得なくなる。そもそもアメリカは情報源がバレるのを恐れている」

長谷川氏「ボルトンを解任し、3日後にサウジアラビアの石油施設攻撃。解任劇が攻撃へとつながったとほぼ間違いない」