ごきげんよう金曜日の女性講師の話が面白い


ごきげんようの金曜日の冒頭、感性アナリストの黒川伊保子先生の話が面白いです。(登場されない時もあります)

 

先生は「人間の本能に基づく愛情論」を話され、時間帯から「女性を対象とした話」が多いのですが、

 

私が覚えている話だけを箇条書きにしますと

(うろ覚えなので、正確な内容・表現はネットなどでお調べ頂くか、黒川先生の出演番組等をご確認下さい)

・女性は嗅覚が鋭く、異性がちょっと離れた所にいても「自分の本能が気に入った異性の匂いにはピンと反応する」とのこと。よく女性で「見た目で彼の第一印象が良かった」という人がいますが、実は「顔を見る前に、本能が好む匂いを持った男性をすでに選んでいる」とのこと。

残念ながら男性にはその機能はないそうです。そのため、男性は手当たり次第に女性に声をかけるしか方法がないそうです。

 

・男女の関係は3年経つと、本能として愛情が冷める。それをわかったうえで乗り越えるのが大事。冷めると本能的に「男性なら他の女性が気になる、浮気(本気かどうかは別として)」「女性なら男性の嫌な部分が目立ち始める」

・女性は一度に3つの事ができる、たとえば電話をしながらテレビを見てメモを取れる。一方で、男性は一つのことしかできない。だから「話を聞いているの?」と言われるのはほとんど男性。

このことを聞いた小堺さんが「高校などの授業中、メモを回された女子は先生に見つからないようにメモを隣の人に回すことができるが、男子はメモが気になって先生に見つかることが多かった」という話をされ、私には非常にわかりやすい例えでした。

 

結局、黒川先生が言われたいことは「男性の腕力に女性はかなわないが、女性には「嗅覚」や「一度にたくさんのことができる」といった優れた本能を持っています。

その上でお互いの本能を理解し、より良い恋愛をしましょう、という話をされています。

 

また先生の話は理系の視点からの本能、生態論なので大変興味深いです。もちろん、信じる信じないは人それぞれで良いと思いますが、「人間も所詮、動物なので本能で動く部分も多いはず」という私の持論に合っているので私は先生を支持します。

 

黒川伊保子さん公式サイト

http://www.ihoko.com/

ウィキペディア

2014/6/20のごきげんようバックナンバー「賢女の法則」

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/gokigen/backnumber/898000017-140.html