格安SIMをiPhoneにセット【画像付】

Pocket
LINEで送る

この記事は前ページ「iPhone SIMフリー用格安SIMを注文【画像付】」の続きです。

※注意事項:格安SIMを使用するにはSIMフリー端末もしくはSIMロック解除された端末が必要です。これらの用語がご不明な方は、格安SIMへの変更は再度検討されることをオススメします。

※この記事は2016年12月22日に投稿したもので、内容も同日時点のものです。将来、画面や手順が変更される可能性があります。

※管理人は記事の執筆のみで読者の方に発生したすべての事例に対し、責任を負いかねます。

※管理人はfreetelの関係者ではありません。また、私はアクティベートカード(詳細)から、この記事のfreetelの格安SIMに変更しました。

※freetelだけでなく、freetel以外の一般的な格安SIMをiPhoneに取り付けたい方にも参考になる記載があるかもしれません。

※freetelのnanoSIMおよびでんわアプリに関してご不明な点はfreetelにお問い合わせ下さい。また、この記事はfreetelの格安SIMについて検証していますが、それ以外の企業の格安SIMの検証はできません。


 

注文から到着まで1日という、素晴らしい対応。もちろん日数は注文した時間帯やお住まいの地域にもよりますが、対応は迅速だと思います。

また、「携帯キャリア(ドコモなど)から電話番号そのままで格安SIMに変更(MNP)」の場合は、もう少し到着に時間がかかるような気がします(個人の推論です)

中にはnanoSIMカードと、iPhone、Android、Windows Phone用のAPN設定方法に関する資料と、FREETELでんわアプリのインストール方法も含まれていました。

APN設定とは簡単にいえば「WiFiではない時の、自分のスマホ・携帯の接続先をfreetelに設定する」というもので、屋外でスマホなどを使用する際の回線が固定されます。そして一度設定すればスマホなどを初期化したり意図的に変更しない限り、設定は消えることはありません。

なお、無線WiFiとLTE(または4G)の切り替えはiPhoneが自動で行いますが、手動での変更も可能です。iOSの設定内のWi-Fiで「手動でWiFiをオフにするとWiFi→LTE(4G)へ」、「手動でWiFiをオンにするとLTE(4G)→WiFiへ」変更されます。

 

1. iPhone SE本体上部にある電源ボタンを長押しして電源を完全に落として30秒待ちます。

2. SIMトレイを開けるため、SE本体付属のピンを押し込みます。開け方がご不明の場合は、別記事「iPhone SEのアクティベーション[写真で解説]」をお手数ですがご覧下さい。

3. 新品のiPhoneの場合は何も入っていませんが、当方はアクティベート用のナノSIMカードが入っていたので取り出します。

4. freetelのnanoSIMカードをパッケージから取り外します。その際、金属端子に触れるのは避けた方が良いので、ポリ袋かラップを使うと良いかもしれません。nanoSIMカードが破損しないようにお気を付け下さい。

5. freetelのSIMをSIMトレイの形状に合うように載せてから本体に水平にゆっくり押し込みます。もしトレイが入らない場合は、SIMカードの向き・表裏をご確認下さい。

6. 電源ボタンを押すとAppleロゴ(リンゴマーク)が出ます。パスコード画面になったらパスコードを入力するもしくはホームボタンの指紋認証でホーム画面に入ってください。

7. Safariなどのブラウザを立ち上げ、SIMカード付属の「iPhone用APN設定方法」記載のURLを入力し、構成プロファイルをダウンロード・インストールします。その手順は、基本的に画面右上の「インストール」「次へ」「完了」をタップするだけです。

この時点で「4G(またはLTE)」と表示されると、インストールは成功です。

※4GではなくLTE回線に変更する場合はiOSの設定内の「モバイルデータ通信」を変更する必要があると思われます。詳しくは付属のfreetel説明書をご覧下さい。

 

8. ここでは格安SIMカードを入れた場合のiPhone SEのアンテナ状況を解説します。よりわかりやすくするために4パターンの写真を使います。

A.SIMカードが入っていない場合(新品のiPhoneなど)

「SIMなし」でWiFiマークのみ

 

B.アクティベート用SIMが入っている場合

「圏外」とWiFiマーク

 

C.格安SIMが入っている場合

freetelの格安SIMは通常ドコモの回線を使用しているので

「docomo」とWiFiマーク

 

D.格安SIMが入っていて、携帯キャリア回線に接続した場合

私のエリアでは4G回線なので、

「docomo」と4Gが表示されました。

当然ながら、iOSの設定のWi-Fiをオンにすると家庭内もしくは社内の無線LANへの接続が優先され、Wi-Fiをオフにすると「格安SIMの携帯キャリア回線」が優先されます。

 

9. ちなみに docomo の左横の丸印は、ネットの諸先輩方の情報によれば、携帯キャリアの電波状況とのことだそうです。

最強 5 ●●●●●
●●●●○
普通 3 ●●●○○
●●○○○
最弱 1 ●○○○○

 

10. 節約モードのオンオフ、使用量はfreetelアプリやfreetelのホームページで確認できるそうです。下記はfreetelアプリの画面です。とくに「使った分だけ安心プラン」の場合、利用量によって料金が異なるので時々はチェックした方が良いでしょう。

※FREETELでんわアプリのインストールや設定方法は付属の説明書(A4 1枚)をご覧下さい。