ゲーム批評TOP > プレイステーションソフト一覧 > ゲッP−X

ゲッP−X プレイステーション用ソフト


70年代風ロボットアニメ ゲッP−X
プレイステーション用ソフト
70年代風ロボットアニメ ゲッP-X

開発:株式会社アローマ
wikipedia


こちらは管理人がプレイした動画
ゲッP−X 【第一話】 PS
https://www.youtube.com/watch?
v=-aMy5XGtwsA


※著作権を考慮しOP/EDの一部はカットしていますが、ステージ1の流れはほぼ完全収録しています。なおプレイは下手です。



■ゲーム批評


完全にゲッターロボのパクリ。

そのパクリをまじめに上品に行い、ゲーム内容だけでなくアニメによるオープニングやエンディング、さらにはステージの合間に「当時のアニメならこんな風なCM」まで作成・挿入してしまう、ある意味、賞賛したいゲーム。

アイキャッチやアニソン歌手、声優といった細部まで「ロボットアニメ」にこだわりまくっています。

で、ゲームとしてみた場合どうなのかというと、

前述の動画を見ていただくとおわかりになると思いますが

ダメージおよびストック制でありながら、一面からザコ敵の特攻があったり敵弾のスピードおよび数も多く、難しいゲームです。

そのため「ザコから受けるダメージがあまりにも多い」ので、弾避けの爽快感はやや劣るシューティングと思います。

しかし、豊富なライフゲージとセーブコンティニュー、難易度は3段階あるので、ダメージを受けながらも最終的にはエンディングを見ることは可能でしょう。

とくに70年〜80年代のロボットアニメが好きな人なら、まず愛着のわくゲームだと思います。

私は残念ながら「ケースに割れキズ入りの新品」しか入手できませんでしたが、他は問題なかったので、とりあえず満足です。

●関連商品
音楽CD
ゲッP-Xのうた

攻略本
’70年代風ロボットアニメ ゲッP‐エックス 公式パーフェクトガイド



●声の出演(敬称略)
神谷 明
速水 奨
たてかべ和也
吉田真奈美
永井一郎



ゲーム批評TOP > プレイステーションソフト一覧 > ゲッP−X