ゲーム批評TOP > ニンテンドースイッチ DLソフト一覧 > ヴォストック社

タイトル Vostok Inc.ヴォストック社 体験版
メーカー Wired Productions
サイト 公式
2018年6月現在
ジャンル シミュレーション・シューティング
機種 ニンテンドースイッチ
プレイヤー 1人
操作方法
基本操作

移動:
 Joy-Con (L)のスティック
攻撃:
 Joy-Con (R)のスティック
ポーズ、マップの表示:
 +または-ボタン
惑星に突入:
 Aボタン
惑星からの離脱:
 Bボタン
ブースト・加速:
 Joy-Con (R)のZRまたはRボタン
ライフの回復:
 マザーベースへの帰還
武器の購入・換装画面の表示:
 マザーベースでZLまたはZRボタン
武器の割り当て・変更:
 Joy-Con (L)の方向ボタン
手動セーブや接待画面:
 ポーズ画面でZLまたはZRボタン
クリアの有無
ゲーム批評
体験版の批評です

全方向型シューティングが基本です。また、初期段階では自機が弱く、敵にやられない状態が続くとザコ敵のレベルが上がるので、シューティングが難しい人には不利な内容かもしれません。


敵や小惑星を破壊してお金を稼ぎ、地球や金星にプラントを建築し、しばらくすると鉱物を採掘しお金になる、これを繰り返して自機やマザーベースを強化し会社を大きくするのが目的のゲームです。


私はシューティングは苦手ではないのですが、全方向から敵が出現しバラまき弾や突撃をしてくるので、回避しながらの攻撃という態勢が多く、弾よけや破壊による爽快感はありません。


Lスティックで移動しながらRスティックで敵を狙うという操作なので、慣れが必要ですし、自動連射とはいえ、硬い敵だと手こずります。


さらに破壊されると持ち金が半分になるので要注意。


徐々に進むと「なぜか宇宙空間に漂っているた人達」を救うイベントが発生、彼らを助けると色々なメリットもありますが、一方で高級なプレゼントをあげたり、ミニゲームをプレイしてご機嫌を取る必要があり、私にはチマチマとした作業なので面倒でした。


また、武器の購入・換装画面の存在を序盤は知らなかったので、やはり説明書が欲しかったと思えるソフトです。さらに弾数が多く、敵も小さいので目が疲れやすいです。字が小さいのでテレビ向きです。


シューティングにシミュレーションを合わせたアイデアは評価したいですが、シューティングという破壊や弾よけが好きな人が、コツコツとお金を貯めて会社を大きくするというシミュレーションを同時にプレイできるのか、疑問です。

評価(10が最高)




  ゲーム批評TOP > ニンテンドースイッチ DLソフト一覧 > ヴォストック社