ゲーム批評TOP > DSソフト一覧 > THE戦艦
タイトル

SIMPLE DSシリーズ Vol.20 THE 戦艦

メーカー/公式サイト D3パブリッシャー・TAMSOFT/公式(2018/2現在)
ジャンル 3Dシューティング
機種 ニンテンドーDS
プレイヤー(人) 1
クリアの有無
2011.2
ノーマルで1周。武器すべて開発済み
ゲーム批評
対空、対艦、対潜と武器の切り替えが頻繁なシューティングで、パターンではなく臨機応変に対応した方がクリアしやすい内容。
この「武器の切り替えがタッチペンでできる」のがポイントで、私の場合は、攻撃が非常に楽しかったです。


弾を発射するには、複数のボタンをタッチする必要があり、これがもしコントローラーだったら苦痛に感じたかもしれませんがペンなので、4つのスイッチをサクっと移動しながら順序よく下に下げて最後に発射ボタンをタッチ。みごと潜水艦に命中すると、なかなかの爽快感。

一方、マシンガンのようにバリバリ撃って撃墜させられるのは戦闘機のみ。


また戦艦には大砲を数発撃ちこむ必要があり、このように「敵によって攻撃方法が変わる」ことを体感できたのは良かったです。


なお、このゲームは面クリアタイプですが、負けてもお金が入るし、そのステージ内での分岐もあり、お金を貯めて兵器や船体を開発してパワーアップできるうえに、難しいと感じたルートを避け別のルートに変えたら意外と簡単にクリアできたなど、「時間さえかければ先に進める」ので、かなり親切。


また、一度ステージに出るといくらかダメージを受けるので、修理とお金が必要、しかも機関や機銃といった細部ごとにダメージが異なるというリアルさ。

もしお金が足りなくなったら、あまりダメージを受けていない別の艦でクリア済みのステージに再挑戦すればお金が稼げるので、金欠になることは少ないでしょう。



ただ注意点としては、ゲームスタートしていきなり「空から弾が雨のように降るシーン」が多く、「艦が揺れるので大ダメージを受けた」と思って最初の頃、慌てて難易度を「やさしい」に下げてプレイし始めたのですが、実は「その雨のような弾はたんに演出で、敵機からの攻撃のみダメージあり」ということに気づくまで、私はかなり難しいゲームと勘違いしていました。


その雨のような弾は「海戦のリアルさと、視界の悪さの演出」だと思いますし、自機は「戦艦、駆逐艦」のみなので、正直、似たようなシーンが多いゲームでしたが、個人的には「タッチペンだったから面白かった3Dシュー」として良作だと思います。

攻略のワンポイント
照準の移動はタッチペンでできますが、2つの回転ハンドルを急いで回さないといけないので面倒なうえに、敵戦闘機の接近に間に合わないことがしばしば。


そこで「照準のみ方向キー」、ほかの操作はタッチペンですると意外とラクに操作・攻略が可能です。
動画
管理人がアップした映像があります→youtube

※プレイは下手ですが、ゲームの雰囲気はおわかりになると思います
評価(10が最高)
7



Twitterでつぶやきますか?
ツイート


ゲーム批評TOP > DSソフト一覧 > THE 戦艦