エクセル・印刷したら白紙のページが出る


Excelの初心者向けのワンポイント記事で「印刷したら、何も印刷されていない白紙、または文字の一部だけが印刷された紙が出てくる場合の対処法」です。ここではもっとも簡単な方法でこのトラブルを解決します。

 

次のような文章を入力していたとします。シートの列Aと列Bの間に点線(*1)が表示され、見た目上は文字がはみ出ていないとします。画像はクリック(タップ)で拡大します

*1 シート上の点線の名称は余白線、余白ライン、改ページ、印刷範囲など複数あります

 

「ファイル」メニューの印刷で印刷プレビューを確認すると、1ページに全てが印刷されるように見えますが、実際には白紙の2ページ目がありました

 

または2ページ目が文字の一部だけの場合もあります

 

これを直すには、文字数が多いと思われる行の最後の文字を次の行に移動する方法が一番簡単です(クリックで拡大)

同様に印刷プレビューで確認すると全ページ数が1ページとなって直りました。

これにより、白紙のページが出たり、1文字だけが印刷されたページが印刷されることはなくなります。

 

なお、この例では白紙が1枚でしたが、ページ数が多い文章だと白紙が何枚も出てくる場合があります。

それも同様の原因が考えられますので確認して頂きたいポイントは「見た目ではわかりにくい、はみ出た行が1行ではなく複数ある」可能性があります。その時も、「怪しい行の最後の文字を移動」する方法をご検討下さい。

 

それでも直らない場合は、余白の幅を広げる方法が簡単かもしれませんし、次の行に移動する文字を1文字ではなく2, 3文字に増やすといった方法も考えられます。

 

※補足: このサンプルのセルA1は「折り返して全体を表示する」設定をオンにしています。

使用バージョン:Excel2016

それ以外の確認バージョン:Excel2010

Excel関連書籍 – amazon