エクセル・互換性チェック画面が表示された


Excelの初心者向けのワンポイント記事で「保存時に互換性チェック画面が表示された」場合の解説をします。

 

表示される条件は 古いエクセルで作成した文書を開いて保存した場合のみ です。Excel2003以前で作成された文書で、それ以外では通常、互換性チェック画面は表示されません。

例えばExcel2003で作成したエクセル文書を長年使っている場合、他人が作成したものを引き継いだ場合だと発生することがあります。

 

古いかどうかの見分け方は、開いた時にタイトル名の横に [互換モード] と表示されたら古いエクセルで作成された文書で、表示されなければExcel2007以降で作成された文書です。

 

[互換モード]であっても、文書を開いて編集し「上書き保存」や「名前を付けて保存」した時に何も表示されなければ全く問題はありません。このあとの記事を読む必要もありません。


この記事は互換性チェック画面が表示された場合の解説ですが、その画面はエラー画面ではなく「どうされますか?」と尋ねているだけです。

 

表示される原因はExcel2007以降で追加された機能を使用した場合が多く、最も可能性が高いのが「新しい色」を選択した時です。この画面は、古いエクセルには存在していなかったオレンジ色を選択した時の例です。

 

その新しい色を設定したためにエクセルが「保存を続行するには新しい形式のエクセル文書(*)として保存する」か、もしくは「保存をキャンセルして一旦、編集画面に戻りますか?」と尋ねている画面です。

*新しい形式の文書は拡張子が .xlsxや .xlsm です。一方で、古い形式の拡張子は .xls で正式名称は 「Excel 97-2003 ブック」です。

 

■この画面が表示された時、選択肢は3つあります。いずれかの方法で対処して下さい。なお、その文書をご自身以外の方が開く可能性がある場合は、実行される前にご相談されることをオススメします。

※マクロ文書では A または C (でマクロ有効ブック)の方法が一般的かと思われます。

 

 「古いエクセルで開く可能性がある」「町内会など、次の人にこの文書を渡す可能性がある」方

「キャンセル」を選び、今日の作業の中で「新しい色」を設定したと思われる箇所を以前の色に戻して下さい。どうしても、どの箇所かわからない時は「ご自身の判断・責任」で保存せずに終了するという方法もあります。

 

 この文書は自分しか開かないという場合で、その画面が表示されても気にならない方

そのまま「続行」を選んで保存して下さい。次回以降も保存の時にその画面が表示されますが、気にする必要はありません。

 

 この文書は自分しか開かないという場合で、その画面がうっとおしい方

「キャンセル」を選び「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」を選びます。そして画面のように「Excel ブック(.xlsx)」を選んで別のファイルとして保存し、今後はそのファイルを使用します。画像はクリック(タップ)で拡大します

以上です。

 

なお、より詳しい情報はマイクロソフト社にもあります。必要に応じてご覧下さい(リンク先は2018年5月現在のものです)

Excel 2007 または Excel 2010 で作成したファイルを Excel 2003 以前のバージョンで開くと設定した色が変更される

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/953536

 

使用バージョン:Excel2016

それ以外の確認バージョン:Excel2010

Excel関連書籍 – amazon