エクセル・セルが移動する方向を一時的に変える


Excelの初心者向けのワンポイント記事で「セルの移動方向を変える方法」です。初期値はEnterキーを押せばアクティブセル(緑の枠)は下のセルに移動しますが、表によっては右に移動した方が入力がラクになることがあります。

ただし、データの入力が終わった後だけでなく、1つのパソコンを複数で使用しているバソコンでは必ず初期値の「下」に戻す(方法)習慣をつける必要がありますので、それが面倒という方はこの記事は不要です。

 

サンプルとして縦に生徒の氏名、横に科目ごとのテストの点数表を作りました。(画像はクリック(タップ)で拡大します)

点数表ではありますが、あくまでも「1つの基準データ(氏名など)に対し複数の値が存在する場合のサンプル」です。

初期値だとエンターキーを押せばセルは下に移動するので、科目ごとに出席番号順に入力する場合はラクです

 

表の構成より、個人毎に科目順に点数を入力する場合は右方向に移動した方が入力がラクのはおわかりだと思います。その際は「ファイル」メニューのオプションを選びます。

「詳細設定」の「方向」を「右」に変えて、オプション画面の右下の[OK]ボタンをクリックします

 

Excel関連書籍 amazon

 

すると、Enterキーを押すと右隣のセルに移動します

 

初期値に戻すにはオプション画面に入り、「詳細設定」の「方向」を「下」に戻して[OK]をクリックするだけです。

 

使用バージョン:Excel2016

それ以外の確認バージョン:Excel2010