7/27放送のニュースキャスターより

「NHKから国民を守る党」 の代表の立花孝志議員いわく

「丸山穂高議員や石崎議員のように他の党が欲しがらない議員が欲しいです。なぜなら、5名にならないとNHKの日曜討論に出れないから」

なんだそれ?

一方で、議員は政党に所属しないと年間約2千万円の政党交付金(別名:政党助成金)がもらえないそうです。

立花議員の発想そして、「無所属の議員」の入党を誘う時、表向きは「党の考えと合致したので」と言っている人でも、本心は「お金が欲しいのか?」と勘繰ってしまう。

マジメな人もいるでしょうけど、国民の税金をなんだと思っているのか?と私は思いました。