7/8追記  7/7そこまで言って委員会と7/6 ニュースキャスター を見て持論

日本から韓国に「ウラン濃縮 に転用できるフッ化水素”全て”を半導体製造に使っていますか?」という質問に対し期限のG20迄に返答なし

返答しない=北への横流しの恐れありと日本政府は判断したのでは?

何もやましいことがなければ「全て製造に使ってます」と返答できたはず。それゆえ、答えなかった韓国政府の責任が大きいというのが私の持論です。


7/7追記

7/6放送の「情報7daysニュースキャスター」 で元官僚の人が 「韓国に対し、『日本からの輸出品で不適切なことはしていませんか?いついつまでに返答をください』とお願いしていたのに返答がなかったから信頼関係が損なわれた。だから「信頼関係のあるホワイト国グループ」から韓国を外しただけの話」と言われていました。
それが経産省の言う「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案」ではないかと。(私の推論:不適切なこと→横流し)


7/3初版
報復措置、対向措置と騒いでいる話です。ただ、経産省の文言を読み、まとめると


「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり、輸出管理を適切に実施する観点から、「包括許可」→「個別許可」になりました。」とのことでした

ご興味のある方は、下記のページをご覧下さい

2019/7/1に発表された
「輸出貿易管理令の運用について」等の一部を改正する通達についてhttps://www.meti.go.jp/policy/anpo/law09.html#%E9%81%8B%E7%94%A8%E6%94%B9%E6%AD%A3

とくに見て頂きたいのは左上の「概要」文字リンクのPDFで、下記は抜粋です


(1)特定品目の包括許可から個別許可への切替え
フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジストの3品目について、大韓民国向け輸出及び これらの関連技術の移転を一般包括許可及び特別一般包括許可の制度の対象から外し、 個別許可申請を求め、輸出審査を行うこととします。


(2)特定品目の申請窓口の変更
フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジストの3品目について、大韓民国向けの輸出許 可申請窓口を、経済産業局及び通商事務所から、本省安全保障貿易審査課に変更することとします。


個別許可申請
https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply10.html

包括許可
https://www.meti.go.jp/policy/anpo/apply13.html