関学の選手がケガをしているので「敬意」という表現は不謹慎かもしれませんが、20歳という年齢で顔と実名を出し、公の場で謝罪をしたこの青年の態度は敬意に値すると思います。
あれだけのことを監督やコーチに言われたら、八方塞がり。だから彼の気持ちは理解できるし、世の中の大半の人が彼を許したのではないでしょうか。それに比べ監督やコーチは大人として恥ずかしい面々。
ただ今回の件はケガ人が出て、動画もあるという事実があったから大騒ぎになっていたわけで、この選手が最初の段階で監督の指示を拒否していたら、日大の監督と悪い慣習は水面下で継続していたわけなので、それが公になったことは良かったと評価したいです。被害者の方には申し訳ないですが。
関学大監督「勇気に敬意」日大選手の会見心に響いた