2018/7/6の大雨により浸水し水蒸気爆発を起こした、総社市の朝日アルミ産業。
本社は大阪にあるアサヒセイレン株式会社とのことなのですが、資本金を見たら
8千万円 の企業でした。無論、資本金だけで判断するのは間違いです。
ただ、3軒のお宅が全焼しただけでなく、相当広い範囲の個人や法人宅に対し爆風による損害を与えてしまっていて、
企業が保険に入っていてもそれで補てんできる金額なのだろうか?と、無関係ながら心配な事態です。
ただ、下の記事にあるように「炉に高温のアルミを残した状態で避難」というのが悔やまれます。

総社・アルミ工場の事故現場調査 県警など、浸水で水蒸気爆発か・山陽新聞
抜粋
「工場では6日朝から大雨に備えてアルミニウムを溶解する炉(容量約40トン)の停止作業などが行われていたが、炉内に熱せられたアルミニウムのほぼ半分が残った状態で周囲が浸水し始め、従業員は同日午後10時ごろに避難していた」