TKPが追加出資提案=大塚家具、自力再建困難に・時事ドットコム
リンク切れ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080400305
抜粋
外部資本主導で再生を目指す公算が大きくなった。
大塚家具では、創業者の大塚勝久氏と長女の久美子社長が経営権をめぐって対立するお家騒動を繰り広げ、企業イメージが低下した経緯がある。

私見
結局、娘さんの手腕でもダメだった模様。かといって、高級路線だった父親のやり方が正しかったのか?
やはり「企業(お店の)イメージが大事だった」ということではないでしょうか?
高級なものを買える人はそれなりの購買層であり、そういう人達は「ブランド力に重きを置く人が多い」と思います。ですので、「あら、どこで買われたの?」「ええ、●●家具で買いましたのよ」という会話が日常茶飯事だと思います。
それなのに「(親子ゲンカのあった)大塚家具で買いましたのよと堂々と言えないわ」と感じたお客が増えてしまった・・・減収の原因はこれに尽きると思います。
世間の前でケンカをするのではなく、家庭内で思う存分親子ゲンカをすべきだったと思いますが、もう、後の祭り。

優秀な人なら「ブランドやイメージを大事にされるお客様がわが社にとって大事な顧客様」というシミュレーションは出来ていたはず