紅白への出場条件がみんなにわかりやすければ良いのですが、秘密裏に進められるので、発表の後に?と思うアーティストがたまにいます。

そこで「条件」について私なりに書いてみました。


●出場しても良いアーティスト

・今年ヒットした曲、ヒットした番組のテーマ曲、ヒットした有名人の持ち歌といった「ヒット」したものなら、みんなが納得

・定番な人。この人は毎年、出て欲しいという人、グループ


●アイマイなアーティスト

・ファンが多い人、グループ

実際のファン数ははっきりしませんが、「このアーティストのファンは多いので、出た方が良い」と大多数の人が思う場合。ただし、ファン以外にとってはどっちでも良い。

例えば自分の好きなアーティストが今年1度も活動していないのに、出場が決まって喜ぶ。好きな曲が聴けるというファンにとっては嬉しいニュース。

しかし、その一方で、一所懸命にライブやコンサートを一年間頑張ったのに出場できなかったアーティストや、彼らを応援している人もいる。出れなかった歌手やそのファンへの心理を察すると、「自分の好きなアーティストさえ出れば、他はどうでも良い」とは言い切れないと思います。

 

・ヒット曲はなかったが、知名度が上がったアーティスト

「あの人の名前、最近よく聞くよね」というアーティストの場合。私は「知名度を上げた」努力を買って出ても良いと思いますが、知らない人にとっては「誰?」という感じになりやすい。


●グレーな、微妙なアーティスト

・事務所などバックの力で出場権利を得たような人、グループ

・特定の事務所ではなく、何かしらの都合で出場できた人、グループ

例えばNHKの都合

毎週日曜の夜、総合chで韓国ドラマを放送し、そのDVDを販売して儲けたいNHK。ドラマを製作した韓国の放送局やその関係者らとも良い関係を続けたいために、出場できた韓国アーティスト(※今年に限った話ではなく、ここ数年の話。ですので、特定のアーティストではなく、あくまでも韓国出場枠のことです)