トランプ氏「決裂ではない」 米側の会見要旨・産経デジタル

私見
北朝鮮の金正恩委員長とトランプ大統領の会談は物別れ。国連の経済制裁の完全解除を求めたのがトップとして考えが甘い。
最近はミサイルを飛ばしていないし、核実験 もしていない、それ以外にもミサイル基地や実験場の廃止など、それなりの非核化のプランを提示したのは事実らしい。
しかし、トランプ大統領は正しく見抜いていた。
「北朝鮮には大きな潜在性がある」という一言に尽きる。
結局、北朝鮮は全てをアメリカに提示していないと思われたのだろう。

また、テレビの解説者によれば米朝会談の直前まで行われていた実務者レベルの協議で、「出てこなかった要求があったり、議論を詰め切れなかったのではないか」という論評がありました。