科学論文にご用心、大半は誤り 専門家が警鐘・AFP
抜粋
・研究を再現した場合に同じ結果が得られることはまれだからだ。2015年に実施された大規模な試験では、心理学の3大専門誌に掲載された100件の論文のうち再現に成功したのはわずか3分の1
・ダイエットは生物医学研究の中で最もひどい分野の一つだ
・AFPの取材に応じたオランスキー氏は「私たちが特に話題にしているのは、コーヒーやチョコレート、赤ワインに関する途絶えることのないずさんな論文の数々だ」「なぜわれわれは、今もああいう論文を書き続けているのか?もう終わりにしなければならない」と語った

私見
聞いたことがあります・・・コーヒーが良いという論文が出たり、逆に悪いという論文が出たり、結局、どっちやねんって話で・・・

また、私は素人ですが記事中の再現性がない論文で、なぜかSTAP細胞を思い出しました