殿下が色々とご心労になられるのは微力ながら理解できます。
一般社会でも金銭トラブルを抱える家庭に娘を嫁がせられるか?
と聞かれれば、大半の親御さんは「ノー」と言われる方が多いでしょう。
それだけに民間に嫁ぐのは困難が多く、いわゆる身辺調査は最近は減少しているとしても、皇族方は相手を調査するのは必要だと理解する国民は多いと思います。
一方で、かつてはあった「皇族同士の婚姻」であったなら、全く問題にならなかった話で、
皇族から嫁ぐ、あるいは皇族へ嫁ぐ、というのは、単に「当人同士が好きなら良い」という楽観的な婚姻ではないと思えます。
今回は借金が問題になっていますが、もし、婚姻後に発覚していたら、最悪、「皇族方のお金で借金を返済する事態になっていた可能性」がありました。
また、今回とは全く関係ありませんが

たとえば「反社会的勢力とのつながりのある人」「詐欺のような商取引犯罪を犯した人物」「何かしらの活動家」「皇族とのつながりをビジネスに利用しようともくろむ」といった人達と皇族がつながるようなことだけは避けて頂きたい。