杉田水脈衆議院議員の『新潮45』への寄稿は不適切発言の特盛だ・アゴラ
抜粋(寄稿)
杉田水脈氏の寄稿は「日本を不幸にする『朝日新聞』」という特集に寄稿されたものであり、単独のものではない。特集の最後に掲載されている
「例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女たちは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいるから、政治家が人気とり政策になると勘違いしてしまうのです。」

私見
杉田議員の発言を簡略化してみます
1)同じ税金を使うのであれば、LGBTのカップルよりも不妊治療をしている夫婦に投入すべき
2)LGBTの人達は子供を作らないから生産性がない
3)一部の政治家(与野党に関係なく)はLGBTを支援するような政策を発表することで、人気取りをしようとしている
まず、明らかに2)は誤った発言だと思います。ただ、私は1)と3)については正しいと思います。もちろんLGBTの人達に税金を使うなではなく、彼らに寛容な社会を作るべきだと思います。
ただ、一部の政治家が票欲しさに「LGBTペアにも婚姻届けが出せるように」「生命保険の受取に同居の相手を指定できるように」というようにLGBTの味方を演じようとしているのは事実だと思います。
なお、2)の部分を拡大解釈して「独身の人、子のいない人も生産性がないのか!」と激怒している人がいますが、それは拡大解釈し過ぎではないでしょうか?
恥ずかしながら私も生産性のない人間ではありますが、それを言われても別に腹は立ちません。私に税金を投入するよりかは、子供を欲しがっている夫婦に税金を投入すべき、と思います。(補足しますが、少子化以外の面では公平に税金を使うべきと思います)
腹が立つ立たないかは人それぞれだと思いますが、まずもって、そんな拡大解釈はしません。杉田議員が本当に言いたかったのは「LGBTに関する条例をもてはやすマスコミの例として朝日新聞を挙げ、その新聞は日本を不幸にする」ということを言いたかったと思われますが、多くのマスコミが「生産性がない」というワードを中心に取り上げている状況だと思います。
あと、野党ではなく自民党の議員だから、余計、大騒ぎになっているとも思いますし、名指しされた朝日新聞がキレて朝日支持者が賛同しているのだろうとも思います。

8/1追記
岩下尚史氏が7/31のテレビにて「新潮45を読みましたが、寄稿の主旨は朝日の悪口を書いていてその中で『生産性がない』を使っていた。その言葉はいけないと思う。」とコメントされていました。
8/2追記
杉田議員が謝罪しない点は問題。ただ、これは次回の彼女の選挙で結果が出ると思います。
また、私が言いたいのは「テレビなどマスコミの多くが『生産性がない』という言葉だけに固執し過ぎ」だと思います。そもそも寄稿は「杉田議員の朝日新聞への悪口文章」であり、マスコミはその文章全体を議論することなく「LGBTは生産性がない」という部分だけを引用して議員を批判しています。

もし批判するのなら、まずもって寄稿全体を放送すべきで、一部分だけをカットして何度も刷り込み放送をすると、視聴者の一部は主旨を正しく理解できないまま批判している可能性があります。