ちょっと気になったので調べたら2019年4月の記事ですが、

韓国「旭日旗バッシング」で朝日の社旗が“スルー”される理由・NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20190406_1337739.html

抜粋
・韓国人のノンフィクション・ライターで『韓国「反日フェイク」の病理学』の著者、崔碩栄氏が分析

・朝日は韓国に友好的な記事を量産してきたメディアだ。日韓が対立する歴史、外交問題について、韓国に多くの「配慮」と「友情」を見せてくれた代表的な親しいメディアであり、韓国では「日本の良心的メディア」と高く評価されている(韓国の主張をそのまま受け入れ、報じてくれるので、良心と呼ばれる)

・韓国の左派と繋がっているか、少なくとも友好的な関係にある人、団体ということだ。つまり、韓国左派の立場から見れば、「味方」だ。韓国の旭日旗批判の扇動にどのような勢力が関わっていたのか、透けて見えるようではないか

私見

結局、相手が同じ考えスルー、逆なら攻撃という主旨です。それはそれとして理解できるのですが、過去に海外の芸術家の描いたデザインの一部が似ているだけで集中攻撃をしていた件については理解できません。