「あいちトリエンナーレ」問題 有本香氏「昭和天皇をさげすむような作品に強い違和感」 反発を予想も…「津田氏は続ける覚悟もなかった」・夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190813/dom1908130001-n1.html

抜粋

ジャーナリストの有本氏は「確かに、憲法上の『表現の自由』は抑圧されるべきではないが、無制限で保障されるものではない。ほぼ自治体主催で、税金が投入された芸術祭で、昭和天皇の写真をわざわざ使って、さげすむような作品には、強い違和感を覚える来場者も多かったのだろう」という。

有本氏は「芸術というよりも、極めて政治的なプロパガンダといえる。津田氏は反発を予想していたが、すぐ展示中止に応じた。続ける覚悟もなかった。あまりにずさんだ」と語った

有本氏は、一部メディアの報道姿勢にも疑問を呈した。

「昭和天皇をおとしめるような作品の存在には、なぜか触れようとせずに、(慰安婦像の展示をめぐり)一部の政治家が『表現の自由』を抑圧しようとしたと見せかける偏向報道ばかりが目立つ」

ちなみに、朝日新聞は4日朝刊の1面トップで「表現の不自由展 中止」と大きく報じ、2面と社会面でもこの件を伝えているが、自社が30年以上も放置した慰安婦問題の大誤報には、一切触れなかった。

私見

少女像ばかりを報道していたので、「少女像によって中止になった」と思われがちですが、「少女像と天皇、この2つが要因」であることを正しく報道した日本のメディアが少なかったことが残念でなりません。私は像よりも「天皇を侮辱した映像」の方が悲しく、腹立たしく思っています。