2018/12/25 放送の「踊るさんま御殿」での話

 

大泉洋さんが主演した映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(公式)の宣伝をしようとしたところ

さんまさん「その映画のタイトル、俺の話からパクったやろ」

大泉「はあ?」

さんま「俺がむかしな、大竹しのぶさんと暮らしていた時にな、夜中にふと『きなこ買いたい』と言ったら、大ゲンカになったんや。関西人は、きなこが好きやのに、全然(しのぶさんに)通じなかった。関西人はそうやの、菅田!」

菅田将暉さん「たしかに好きですけど、夜中には買いに行きませんが」

大泉「違いますし、ほーら、さんまさん。私のターン(順番)で映画の話をしようとしているのに、なぜ(私のトークの時間を)奪うんですか?」と猛抗議


大泉さんが海外映画の吹き替えを担当することになり、本場にスチール写真撮影のために相手の映画祭に向かう。吹き替えの相手の海外俳優がレッドカーペットを通るのを待っていたら、ガードマンに一般人と間違われて、追い出されそうになった、という話をしようとしてたら

大泉「私が待っていた場所がレッドカーペットと一般人が通るところとの交わったところで・・・」

さんま「え!チンパンジー?」

大泉「いや、だから”一般人”です」

さんま「せやから、チンパンジーやろ」

という、「一般人」というフレーズが耳に入ると、必ず「チンパンジー」と言いたくなる、さんまさんのトーク癖で、大泉さん、ヘトヘトに。

最終的に、大泉さんが「一般の人」と言い換えて話が進みました。