小倉駅で「新幹線のボンネットが破損されていることを発見」ということは、それ以前のトンネルの中で人と接触したと思われますし、マスコミでは「博多駅と小倉駅との間」と報道されていました

★管理人がココか?と思ったポイント

今回の件でわかったことは、自殺防止のためにホームドアを設置したことによって駅での自殺者は減ったのかもしれませんが、今回の自殺者は山を登るなどしてトンネル内に侵入したわけなので、結局、ホームドアというお金・安全策をしても、鉄道で自殺をする人はいるということだと思いますし、

新幹線内での殺人事件もからめていえば、「安全対策をしたからといって100%大丈夫とはいえない」ので、「シートを外せば盾のようになります」「鉄道で自殺をすると家族に損害賠償をします」といった告知をJRはすべきと思います

参考記事からのキーワード
・ 北九州市八幡西区の線路内で衣類の一部
・発見場所近くには丘陵地を抜ける約1キロの石坂トンネルがある。高架の線路下には地上からつながる作業用の階段が備えられ

参考記事
線路内侵入、悩むJR トンネル近くに衣服、体の一部 博多-小倉新幹線事故・西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/424711/