「国民の代表というおごり」菅長官とバトルの女性記者をフリージャーナリストが一刀両断!・夕刊フジ
抜粋
安積氏は、夕刊フジの取材に対し、「私は自分なりの正義感を持ち、プライドをかけて質問している。だが、女性記者の質問は『上から目線』で、菅長官を意図的に怒らせているように感じる。事実関係の錯誤もあり、主張部分も多い。その話題を外で講演しているとも聞く。永田町では『反権力ビジネス』と揶揄(やゆ)する声もある。国民の利益にはなっているとは思えない。仮に『自分は国民の代表だ』というのなら、もっと質問力を高めるべきではないか」と語った。
私見
安積氏のおっしゃる通りだと思う。

それに「報道の自由」「知る権利」というワードを安易に使う一部マスコミ、記者ほど自分たちの常識・尺度が正しいという前提で取材をする傾向が強いが、その常識が世間の常識とかい離していることが多いと思う