参院選1人区、野党一本化を改めて強調・毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20181014/k00/00m/010/012000c

抜粋

・志位氏は9月の沖縄県知事選について、野党6党派の協力で勝利につながったと総括した上で「野党が本気で結束すれば安倍政権の命運を絶つことができる」と強調

・ただ、昨年の衆院選で一方的な候補者取り下げをした結果、同党の議席が減った教訓も踏まえ


私見

一本化して勝とうという方向性は良いのかもしれません。ただ、一本化するということは、立憲や国民民主の支持者は場合によっては共産党の候補者を応援したり、共産党の支持者が立憲などの候補者を応援する事態を産みます。

支持者の方々に言いたいのは「それでも良いのですか?」です。

反自民の方々なので「共通の部分」はあるとは思いますが、「絶対に妥協できない部分」がもしあるのなら、そこは貫くべきで、「やはり、自分の考えに近い候補者なら応援する」という考え方もありなのではないでしょうか?