ピストル、ライフル等の銃ショップがあり、比較的容易に買えてしまうアメリカ。たまに日本人も被害にあっているようですが、
「アメリカの学校で乱射事件」
という見出しを見る度に「何人死ねば、アメリカ人は自制するのか?」と思います。
陸続きという事情や権利があるのはわかりますが、「落ち度のない生徒らがケガや死んでも、規制を強化しないアメリカ人」に対し「よその国の話とはいえ、銃を製造しているメーカーや政治家らは自分の子や家族が巻き添えになることを予想できないのか?」と言いたい。
銃の販売を中止できないのなら、せめて
・連射機能のついた銃の販売を中止する
・店頭で気軽に買える方法をやめ、購入までに手間がかかるようにする

など、「被害者を少なくする議論ぐらい、始めたら?」と思います。