一般の人にサインを求められた時

●みやぞん 「3/9 サワコの朝より」

都合が悪い時「すみません。今はできないんです」と断ったとします。その相手の人(一般人)が「みやぞんにサインをお願いしたのに書いてもらえなかった」とネット(のSNS)に書いたのを、みやぞんが知ったとしたら

みやぞんは「良かったあ、”サインがもらえなかった”と不満をネットに書く人にサインをしなくて」という発想。

 

●ホリエモン 「3/8 5時に夢中」

全てサインは断っています。以前は対応していたが、サインの時の写真を使って「情報商材」というビジネスに、勝手に僕の写真を悪用する人が多かったから。

ただ、イベントで「ホリエモンのサイン会」があれば対応する時も、あります。


私見

有名人って大変ですね。「サインを書く時間すら無い」時もあるし、書けば書いたで悪用・転売する人はいるし、書くのを断ればネットに悪口を書く人もいるし。

ネットがなかった頃は「●●さんにサインをもらって、一生の宝物です、お店の自慢です」という人がたくさんいたのに。

ある意味、「サインに関わるトラブルや不満」はネットの弊害の一つかも。