沖縄県の県民投票で反対過半数受け「工事を中断すべき」立憲民主党談話・日刊スポーツ
抜粋
立憲民主党の福山哲郎幹事長は2/24日夜、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐる県民投票で「反対」が過半数となったことを受け、「・・・沖縄県民は、辺野古への基地移設に反対の意思を改めて明確に示したことになる。政府はこの結果を極めて重く受け止めなければならない」とする談話を発表・・・
「沖縄県民の民意を全く無視する基地建設の強行は、民主主義の何たるかに目を向けようともしない安倍政権の体質を如実に現しており、断じて許し難い」
私見
政権与党は海外から、国内からと様々なパターンで常にAとBとの板挟み状態で諸問題を抱えている。とくにこの沖縄の基地問題はそれがさらに顕著。
一方、野党である立憲民主党が仮に政権与党だったら、「わかりました、中断しましょう」と安易に言えないはず。

これこそが、なにごとにも責任を問われる与党と、無責任でも問われない野党の言動の差