兵器の禁止条約よりも各国が交渉術を学ぶべき

Pocket
LINEで送る

私個人の意見です。

民間人が多く住む地域に原爆を落とした当時の米国の考えは許せません。また武器の禁止条約があろうと無かろうと、ケンカする時はすると私は思います。

残念ながら各国の資質や考え、宗教そして教育環境が異なるため、理想である世界平和は困難と思われるので、

その代わりに各国が高い交渉技術を身につけて、武器を使わず、交渉術でお互いが平和な状態を維持する必要があると思います。


★原爆を含め戦争に関するお話の一つとして、下記を引用しました

8/9 TV「5時に夢中」に出られた、さだまさしさんの話

原爆で民間人が長崎では約7万人の命、広島では関連死を含め2-30万人以上、原爆ではなくても東京大空襲では10万人以上がお亡くなりになりました。

戦争を考えるのは夏だけではだめで、今日はみんなで黙祷しましたし、平和を祈る気持ちは大事だと思います。