京都で自撮りしていた韓国の俳優に謝罪とわかって欲しい事

Pocket
LINEで送る

【閲覧注意】韓国人の俳優を罵り追い出す (字幕付き)

https://www.youtube.com/watch?v=RsY9v52IbIU

*リンク切れはご容赦下さい。

まず、韓国の俳優さんに日本の京都で不愉快な思いをさせてしまったことは、日本人の一人としてお詫びします。

また、侮辱する発言をしたのが日本人だったとしたら、これもまたお詫びします。

そして

発言した男性が日本人なのかどうかは不明ですが、TVの取材を受け「お酒に酔っていました。韓国の方にお詫びします」と謝罪していたはご理解頂きたい。

 

そのうえて、私が言いたいのは

自撮り棒(自撮りカメラ、自撮り撮影)を持った人間が近づいたら、だれでも、特に日本人は警戒すると思います。

韓国では自撮り棒は自然かもしれませんが、日本では不自然です。

 

その自撮り棒を持ったまま、店の中を覗けば、「怪しい人間が来た」と察知する人はいてもおかしくありません。

ですので、「一人で自撮り棒片手に日本の各地を取材・撮影したい」のなら、多少の覚悟は必要でしょう。

それに

飲み屋街など「酒の出る場所」を歩きまわると、「酔っ払いにからまれる確率は高く、今回のような不愉快な思いを体験することも頭に入れるべき」だと思います。

もちろん、すべての日本人が侮辱・差別的なことを韓国人に言うとは限りませんが、国や人種に関係なく「酔っ払い」は何を言うのか予測不能ですし、自撮り棒を持った人なら余計に何か言われやすいと思います。

 

そもそも、撮影の許可を取らずに世界または韓国に向けてライブ配信して、その結果、「日本人は韓国人をバカにしている」という風潮を韓国や世界に広めたのは被害者であるアナタ(韓国の俳優さん)ですが、

礼儀を重んじる儒教の国の人なら、撮影する前に店や周辺の人に撮影の許可を取っていれば不愉快な思いをしなかったでしょうし、許可を取るのが礼儀でしょう。

侮辱発言には謝罪しますが、そのような機会を作ってしまった責任の一端はアナタ(韓国の俳優さん)にもあると思います。