うさんくさい籠池ファミリーにいつまで付き合うつもり?

Pocket
LINEで送る

音声データが出てきました、と民進党とともに騒いでいます。

「真相究明」の支持派の方にとっては興味があるかもしれませんが、

 

正直、私は「籠池ファミリーの件、森友学園も含め、もう、どうでも良い」です。

そんな小さいことで国政がかき回され、重要なこと(共謀罪、復興に関する事案など)が後回しになる方がデメリットが大きいと思うからです。

たしかに、財務省の判断は怪しいのは同感です。

しかし、籠池氏側の言う

・音声テープ。なぜ録音するつもりだったのか?持っていたのなら、証人喚問の時に出すべきだった。今頃出す、ということは「意図的に作成されたものか?」と疑いたくなりますし、それを出して「籠池氏側はクリーン」とも言えず

・首相夫人。土地の売買の進捗状況を逐一、夫人に報告していた、と籠池氏は言っていますが、「そんなことできる?」というのが大きな疑問。籠池氏の奥さんから一方的に「今日は●●がありました」とメールを送っていたことを「首相夫人に報告していた」と、勝手に解釈しているだけのように私は推論しています。

正直、首相夫人が一団体の面倒を見るほど暇ではないはずですし、関与しすぎると首相に迷惑がかかることは夫人は承知しているはずです。

 

前にも書きましたが、「彼は国などに提出する大事な書類を虚偽するような人」なので、私からすれば「嘘も方便男」に関わる時間がムダなので、それに追随するマスコミや野党に対し、「もっと冷静な視点で」とお願いしたいです。

仮に財務省が便宜を図ったのなら、籠池氏以外の案件でも、これまでに便宜を図ったのでしょうし、それらすべてを明るみにしたところで、誰がトクをするのでしょうか?

今後、財務省が便宜を図るようなことをしないように、国民が監視できるようなシステムを作る方が先決だと思います。