福岡・飯塚市の斉藤市長は解職すべき

Pocket
LINEで送る

飯塚市長、賭けマージャン 平日昼に、副市長と

 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/297257

情報元:西日本新聞

 

昨今、SNSで「除夜の鐘」「スケートリンクの魚」などが取り上げられ、「鐘つきを止めたり」、「スケートリンクの母体であるスペースワールドが来年閉園」とか、「その意見は本当に大多数なのか?SNSで少数意見が大きく聞こえているだけでは?」と疑問に思うことがあるのですが、

 

この福岡県飯塚市の斉藤市長と田中副市長は、すぐさま解職すべきで、できれば自ら辞任すれば潔いと思います。

以下、私が「問題とした点」

・開庁中(会社なら勤務中)に店舗でマージャンをしていた。

・賭けマージャン

・賭けの範囲は社会通念上で許される範囲と自分で判断

・メンバーに市施設の指定管理業者になる予定の企業の代表者も。

 

市長の言い分としては「市政はちゃんとしている」「掛け金は少額だ」とでも言いたいような感じですね。

私の推測ですが、もし災害などの緊急時があれば携帯があるので市役所に戻れる、という言い分を話しそうな市長ですが、

 

市民が仕事している時間に麻雀をしているだけでなく、「賭けマージャン」という、法律違反かどうかはわかりませんが(*)グレーな遊びであるのは明白だと思います。さらには指定業者が同席しているのも怪しい。

(*12/28追記:テレビに出た弁護士によれば、賭けマージャンは違法だそうです。ただし、ジュースとかお菓子程度なら違法とはいえないかもしれない、だそうです)

 

他県の人間に言う権利はないかもしれません。

ですが、こんな政治家を野放しにするのは、飯塚市民だけでなく国民にとっても「悪例」であるのは事実だと思います。

こういう「犯罪ではないものの、子供に見せたくない大人たち」こそ、SNSを正しく使うことで、市長および副市長を解職に追い込むべきと思います。

 

そして、市長が記者会見で言ったらしい一言

「市長の間は賭けマージャンをしません」

だそうです・・・ピントがズレているような気がするのは私だけでしょうか。