岡山のことが知りたければラジオ「あもーれマッタリーノ」

Pocket
LINEで送る

*radikoの関係者でもありませんし、山陽放送の関係者でもありません。ただ、ラジオの良さを再認識して頂ければ幸いです。

ラジオを聴かない人が増えたそうですが、最近ではスマホまたはパソコンで聞けるradiko(ラジコ)を使えば、ラジオ機器は不要で

スマホならアプリのダウンロード(ダウンロードは無料)

iPhone(iOS)

https://itunes.apple.com/jp/app/radiko.jp/id370515585

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.radiko.Player

パソコンならダウンロード不要でブラウザで聴取可能

http://radiko.jp/

の方法で、「お住まいの地域のラジオ」なら無料で、しかもオンタイムでなくても「放送後一週間以内ならリピート可能(タイムフリーの番組のみ)」。

しかも、月々350円(編集時)+税で「ラジコ・プレミアム会員」になれば「全国どこの放送局でも聞ける」そうですが、詳細は不明なので自己責任でお願いします。


本題ですが、あもーれ!マッタリーノ AM 1494kHz

http://www.rsk.co.jp/radio/amore/

は岡山にある放送局、RSK(山陽放送)の月-金の午後1時から4時30分(金のみ4:20)までの長時間番組。

私は普段、車の移動中もしくは夜にradikoのアプリでパソコンをしながら聞いているのですが、ラジオの長所は「何かをしながらでも情報が入手できる」ことだと思います。

 

さらに、この番組の良さは「リスナーの投稿メールが多い」ということ。素人さんのメールなのにそれなりに面白いだけでなく、私の知る限り、遠くは東京、近くは兵庫など県外のリスナーもいるという意外性。

私が聞いている理由の一つには「岡山の女子アナといえば奥富アナ」といわれるぐらい、トーク力の高い奥富さんが番組の中心である点。

そして、月-水は新人の女子アナ3人が日替わりでサポートアナとして加わることで、日替わりで番組の雰囲気が変わること。そして木曜日は、昨年まで他局の瀬戸内海放送の看板アナだった多賀公人アナ(玉野市出身)が参加することで、大人のトーク番組になるという点。

唯一、雰囲気が違うのが金曜日で、映画評論家である相田さんと地元タレント兼歌手の安井優子さんによる内容は、深夜番組のようなノリで、さらには読まれるメールも少ない。

 

とりあえず、岡山県民の方なら一般的なラジオ、もしくはスマホかパソコンでのradikoであもーれマッタリーノは無料で聞けるので、一度はお試しあれ。ちなみに年末は12/30までの放送ですが、radikoの「タイムフリー」で同番組を選べば、「放送後一週間以内の番組」なら聞くことが可能です。

また岡山以外の方は、とりあえずradikoに触れて頂いて、もし、あもーれマッタリーノに興味がわいたら、プレミアム(有料会員)になられると聴取可能となります。

 

ちなみに各出演者の特徴を”私なりの”一言で表すと、

トップクラスの女子アナでイケメン好き・記憶力が高い

ホラーやアニメ好き。FPSゲーマーでゾンビ好きらしい。英語堪能で文章力も上位

ちょっと天然キャラ、今でも家族で人生ゲームをする。パン好き

100均で買ったもので部屋を彩るのが好き、きびだんごの成分を見て甘いかどうかわかる

アナの仕事以外に大学の講師もしていて、抜群の安定感のあるトーク

元々旅行の添乗員。番組内ではギャグがスベっても平気

かつては、たまごかけごはんのうたというCDを出していて、現在も歌関係の仕事を継続中

など、あえて「どれがダレの特徴」かは書きませんでしたが、番組を聴いているだけで、いろんな一面が見えてきます。

ともかく

このあもーれマッタリーノという番組は、普段はニュースや情報番組で活躍されているアナウンサーや地元タレントの方の「違った一面」を知ることができる点が面白いのかもしれません。

さらに言えば、今年入社した女子アナ3人それぞれが個性的。いつまでRSKにいてくれるのかはわかりませんが、「リスナーとメールやイベントで関わることができる」という地方局の良さを感じながら成長して欲しいものです。その3人の年末年越し番組

大事な人にありがとう 放送終了

http://www.rsk.co.jp/radio/countdown2017/

 

あもーれマッタリーノの出演者(敬称略)

奥富亮子・川又 智菜美・廣瀬 麗奈・平野 佑芽・多賀 公人・相田 翔吾・安井 優子