元旦営業の店が増えるとおせちが消える?

Pocket
LINEで送る

元旦から営業しているお店が年々増えているように思えます。

 

福袋が楽しみなファッション関係のお店ならまだしも、モールや大型スーパー、外食チェーンが2日ではなく元旦から営業、ということに違和感を覚えます。

 

もちろん企業の自由ではありますが、12月に散々、おせち料理を買いませんかとスーパーやネットで宣伝をしておきながら、「正月早々に営業している」ということに矛盾を感じます。

 

最近はおせち料理そのものを作る家庭が減っている、というのは知っていますが、ひょっとするとおせちを買わずに、外食や簡単な食事で済ませているご家庭が増えているのかもしれません。

 

ただ、おせちには単に料理という意味合いだけでなく、「長寿」「出世」「子孫繁栄」といった縁起物であるということ。それと、シャッターを下ろしたお店が多少、並んだ方が「正月らしい光景」に思えるのですが。

 

黒豆、数の子の由緒など「おせち料理」のwikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E7%AF%80%E6%96%99%E7%90%86